開店祝いを贈る時期

友人や知人など

近しい人がお店をオープンするという時には、

開店祝いを贈りたいものです。

 

お祝いを贈る時期は、開店の一週間前から

当日までが一般的ですが、

お店の開店前というのは準備で何かと忙しいものです。

対応や贈り物の置き場所などで相手の時間を取らせないよう、

事前に都合を確認した方がよいでしょう。

 

オープニングパーティーがある場合は、その時に持参すれば喜ばれますが、

観葉植物やスタンド花などのかさばる物は、

前日や当日の朝に届けてもらう方が手間が省けます。

 

開店祝いに贈る品物は、観葉植物や鏡・時計をはじめ、

招き猫などの縁起物が定番です。

しかし、こうしたインテリアは、お店の雰囲気やセンスに

合わないものだと置き場所に困ってしまうので、

相手にあらかじめ希望を聞いたり、お店の雰囲気を調べておく必要があります。

 

逆に贈ってはいけないのは、火事を連想させる火にまつわる物です。

灰皿や暖房器具などはもちろん、赤い色の物も避けた方がよいでしょう。

 

贈り物選びに迷った時は、やはり花を贈るのが一般的です。

高級な胡蝶蘭の鉢植えなどは贈り物にふさわしいですし、

豪華なスタンド花は開店のおめでたい雰囲気をいっそう盛り上げてくれます。

 

ですが、お店に不釣り合いなものを贈らないよう、

サイズ選びには注意しましょう。

 

開店祝いを贈るのは、マナーとして大切なことです。

しかし、一番重要なのは、お店に直接足を運ぶことです。

品物を買って売上に協力することが、何よりのお祝いになります。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL