開店祝いを贈る場合に花以外なら何がいい?

開店祝いに花を贈るのが昔から一般的ですが、

必ずしもそうでなくていけないというわけではありません。

 

営業上の理由でむしろ避けてほしいケースもなくはありません。

アパレル業界で働いた経験で、新しい店舗の開店には

多く立ち会うことがありましたが、あまり花を贈られて有り難いと思ったことがないのです。

 

特に面積が狭い店舗は少しでも来賓が居心地よく入れるように

スペースを設けたいもの。

たくさんの花はかなりそのスペースを割くことになってしまい、

それだけならキレイで嬉しい花も折角のオープンに合わせたディスプレイや

レイアウトを変更せざるを得ないことがよくありました。

 

では花以外なら何がいい?

と聞かれれば、時と場合によってはお酒だと答えます。

これは一般的な花を贈る料金の予算内で収まると見越したうえで、

相手に負担が掛からないという点、また飲んでしまえば跡が残らないという点から思う事なのです。

つまりその場もしくはそれ以外でも誰かが飲んでしまえば、

それ自体の処分に困ることがないというメリットなのです。

 

花も枯れれば捨てればいいと言う人もいますが、

案外心情的には差があるように感じます。

開店前の案内には花をお断りする内容のお願いが付け加えられているケースがあります。

どうしても贈る側の目線で考えると、贈ることに気合いが入るわけで

豪華な花になるのは理解できなくない心理なのですが、

それは贈る側の願望をやや優先していて受け取る側のことは二の次なこともあるのを承知すべきです。

 

大事なのは祝う気持ちです。

相手がどう感じるかを考えるのを忘れるべきではありません。

またすべてがそうなのではなく、事情によっての話ですので

花を贈るべき相手も間違いなく存在します。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL