開店祝いの相場は力関係によって変わります

取引先が新たに店舗を改装するとか、

支店を新しく創設したとかを耳にした時は

何かお祝いを差し上げなくてはその後の取引に支障が出てしまします。

 

かといって何をどれだけ差し上げれば良いのかというのは

教科書に載っていないため頭を悩ませます。

同業他社に聞いて財布の中身をのぞかれるのもなんだか嫌なものです。

 

開店祝いに何を送ったらよいのかという質問を誰にするのか悩んでいたら、

おもしろい相談先があります。

税理士です。

税理士に相場を伺ってみましょう。

別に税理士は開店祝いの相場についての専門家ではありませんが、

いろんな会社の総勘定元帳を見ているわけです。

もちろん情報漏洩の観点からあそこの会社は今回の開店祝いに

いくら使ったなどと名指しでおしえてはくれないですが、

最近はみなさんいくらぐらいですねという生の金額を聞くことが出来ますので

非常に有用に情報を得ることが出来ます。

 

また、開店祝いの定番は花です。

祝い花です。

ですから花屋に聞いてしまえばいいのです。

直接相場を聞いても向こうも答えにくいでしょうから、

最近皆さん何をお祝いに使っていますか、

ちょっと分からないので見繕ってもらえますと聞いてみるのです。

そうすれば3パターンぐらいの蘭の鉢などを提示してくれますから

後は悩む必要などなくなります。

 

そのあとやっぱり花をキャンセルして花代相当分をのしつけて持参すれば

最近の相場通りに、他の取引先にもひけを取らない態度を示すことが出来ます。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL