開店祝いの定番のお花

開店祝いは、新しくお店などが

オープンしたとき贈るお祝いです。

新しいお店は、これから繁盛していくように、

そして開店の様子が華やかになるようにということから

お花がつかわれることが多くあります。

 

このお祝いに贈られる花の種類は大きくわかて2つに分かれます。

とても華やかに見えるのが花飾りです。

これは、お祝いのメッセージなどをそえて贈るもので、

とても大きなものであることから、開店したお店の前に置くだけで

とても華やかなものになります。

ただし、価格もそれなりにしますが、飾りの部分を

どれぐらいの大きさにするかによって価格が変動してきます。

開店のお祝いに会社としてお祝いを贈る場合であったり、

親しい友人からの贈り物であったり、比較的親しい友達や上司などから贈られてくることが多いです。

 

2つ目は、小さめの花でお店のディスプレイなどとして使うことのできるようなものです。

人気のものは胡蝶蘭などで、通信販売やフラワーショップなども販売されています。

大きさはそこまで大きいものではありません。

ただし、外に置くような大型の飾りよりも長い期間、楽しむことができるようなものがおおいです。

 

価格は1万円台のものが多く販売されています。

通信販売などでは、開店日に合わせて、贈り主からのメッセージも添えて

送ることができるように配慮してくれるところもあります。

どんな人からも贈ることができ、もらったほうも使いやすいものであり人気があります。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL