開店祝いのスピーチ

責任ある立場や役職になると、

スピーチの依頼を受ける事もあります。

逆にスピーチを頼まれる様な人になったともいえます。

 

スピーチにもいろいろあります。

結婚のスピーチから入学や卒業やイベント等で行う事もあります。

開店祝いも、その一つです。

 

その際に話す内容には、お悩みの事と思います。

内容を考える時に、何を求められているのかや、

どういった立場で行うのか考えていけば、大体の内容が決まります。

 

例えば、町内の新規商店の開店祝いでは、

地元の方が商売を始めるので無ければ、その人となりは分かりません。

その場合は、商売を始める方や店について情報を提供する事になります。

また、円滑に地域に溶け込める様に、配慮した内容となります。

 

または、大きな企業の責任者の方が販売拠点の開店祝いで話す場合は、

地域の方へのご挨拶と従業員に向けたメッセージとなります。

また、入学や卒業では、来賓や入学者や卒業者に向けた内容となる定型的なものが良いでしょう。

 

これに対して、ご親族やお友達の開店祝い等では、定型的では、興醒めとなるでしょう。

この場合は、お友達との関係や応援の気持ちと

一緒に喜んでいる事を伝える内容が適切です。

 

開店祝いといっても、どのような立場で話すのかにより、内容は全く違います。

また、その立ち位置を踏まえたものが良いスピーチとなります。

ウイットや面白い話も魅力がありますが、これを外していては

その場では良くても、適切なものにはなりません。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL