開店祝いのお返しの時期

初めて事業を起こした際には

それまでお世話なった人や友人、

知人などの身近な人から

開店祝いや開業祝いを頂くことがあります。

 

このような心づくしのお祝いの品々は誰にとってもうれしいものです。

開店や開業をした時にはもちろんのこと

新規開店や新規開業、また内装や外装を改め

一新しての改装開店や開業の際にも、

この開店祝いが贈られることとなります。

 

もしこういった状況を迎えることとなり

開店祝いや開業祝いの品を受け取った際には、

当然のことながらお返しをしなければなりません。

お祝いを頂いたことに対するお礼と

今後もお付き合いをよろしくお願いしますという意味を込めて、

お返しをするのです。

 

そのお返しの時期は開店、開業記念の祝賀披露パーティーの際が最も好適です。

このパーティーの出席者に引き出物として記念品を配ります。

このとき記念品として渡すものは、そのショップでこれから販売を行うものや

その職種に関連のあるものがおすすめです。

縁起物や店名、会社名が記載されたものを配るのもいい記念になります。

 

金額の目安は、その相手にもよりますが

一般的には数千円程度のものでかまいません。

しかし大変高額なお祝いを贈ってくださった方には、

それ相当の品をお返しとして贈ることとなります。

 

その際には一般の人に渡すお返しの品に添えて、

その金額の半額程度の物を贈ることが必要となります。

そしてその時にお祝いをしてくれた方々に対しては、

お礼状を書くことでさらに感謝の気持ちが伝わります。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL