開店祝いに鏡や時計などの縁起物を贈る時の注意点

開店や開業のお祝いのために、

鏡や時計、招き猫などの

日本に古くから伝わる縁起物を贈るというのは、

とてもオーソドックスな祝福の気持ちの表現方法です。

 

しかしながら、開店祝いに贈るギフトにはタブーとされる物や

マナーもありますから注意が必要です。

 

まず、開店祝いに決して贈ってはいけないタブーとされる贈り物は、

灰皿や赤い色の花、ストーブやライターなどの炎を連想させるような物です。

その理由は、炎が家事を思い起こさせるため、

せっかく開店したお店が灰になってしまうというイメージを抱かせてしまい、

相手を不愉快にさせる可能性があるからです。

 

同じように、上記したような炎を連想させる贈り物は、

新築祝いなどの場合も避けることが大切です。

また、縁起物とされる鏡や時計などを贈る際も、

相手に配慮したギフト選びが必要になります。

 

例えば、美容室やクリニック、事務所や飲食店などは、

どれもオーナーが内装やインテリアにこだわっている場合が少なくありません。

そのため、店舗に飾ってもらうことを期待して贈った祝いの品が、

開業した場所に不釣合いなものになってしまうことがあるのです。

 

たとえ縁起物を贈る場合でもオーナーにお店のコンセプトを確認して、

飾った場合も違和感の無いような物を贈ることが必要です。

どのような場合であっても、ギフトを贈るときは相手の気持ちに配慮することが最も大切です。

贈られた相手がどのような気持ちになるかをよく考えて、

気持ちよく受け取ってもらえるようなギフト選びを心掛けることが重要です。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL