開店祝いに傘立てをチョイス

開店祝いというものは、頻繁に贈るものではないため、

しっかりとマナーを学んでから贈るようにしたいものです。

 

開店祝いを贈るタイミングは、開店当日と思われがちですが、

余裕を持たせて前日でも構いません。

しかし、パーティーがある場合には、当日に贈ることがマナーとなります。

 

開店祝いで贈り物を贈る場合には、贈ってはいけない物もありますので、

マナーに気をつけましょう。

贈り物を選ぶ際に気をつけなければいけないことは。

「火」を連想させるものはNGということです。

具体的には、赤色のものです。

例えば、ストーブなどの暖房器具やライター、

灰皿、定番の花の場合にも、赤いものはタブーとされています。

開店祝いのマナーとして、覚えておくようにしましょう。

 

贈る品物としてスタンダードなものは胡蝶蘭ですが、

他に観葉植物やアレンジフラワー、傘立てや時計なども、

お祝いの品として適しています。

 

傘立てを選ばれる場合の金額については、

開店される方との関係性によって異なってきます。

取引先の場合には1万円~3万円が相場であり、

家族や親せきなど身内の場合にも1万円~3万円、

知人や友人の場合には、5000円~1万円ぐらいが相場となっていますので、

それを参考にされるとよいでしょう。

 

傘立ては、形状や材質、機能性などの条件を考慮した上で、

好みはもちろん、使う人が満足できるものを選ぶことがポイントです。

陶器の傘立ては、高級感がありますので、開店祝いとしては人気があります。

そのままインテリアとして活用できるものも少なくありません。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL