開店祝いにランの鉢植えを贈りました

いつも仲良くしている友人グループの一人の

旦那様が雑貨店を開店させると聞いたので、

グリーンの鉢植えを開店祝いに贈ることにしました。

 

学生時代からのグループなので、ほかの友人は距離があり、

家の近い私が鉢植えの算段をつけることにしました。

 

開店するのは小さな店なので、地域との関わりがある方が後々いいかと考えて、

地元のお花屋さんを覗いてみました。

インテリアになるようなグリーンと考えていたのですが、

お店の外から見るだけでも色々種類があって、困ってしまいました。

再び、ほかの友人に助けを求めると、グリーンの印象が

雑貨店の印象と合わなかったら困るので、ランの鉢植えにしたらどうかとのアドバイスをもらいました。

贈る友人にも会えたので、そっと確認すると旦那様に聞いてくれて、ランを希望されました。

 

ランは金額も幅広くあり、色も選ぶことができました。

花屋の店員さんの話も参考にしながら選び、無事贈ることができました。

後日、開店した雑貨店を見に行ったところ、とても華やかでやはりランにして正解だったと思いました。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL