開店祝いにプリザーブドフラワー

身内や知人が自分でお店をオープンするとなったときに、

その開店祝いで頭を悩ませる人は意外と多いのではないでしょうか。

もちろん花を贈ることが一般的ですし、無難で間違いはないのですが、

ちょっと人とは違うものを渡したい、お店があまり広くないので大きな花は送れない、

花は日持ちがしないので送りたくないなどの理由で、

躊躇してしまう人がいるならば、ぜひプリザーブドフラワーをおすすめします。

 

プリザーブドフラワーは、生花を素材としており本物の花と違わないのはもちろん、

特殊な保存加工をされていて永遠に枯れることがありません。

色も人工的に特殊な色素でつけられているので、

美しいまま保存することができます。

水やりなどの手入れも一切必要ないので、送られた相手にも負担になりません。

 

開店祝いであれば、鉢植えのようにカゴ盛りのアレンジにしてもらえば、

どこにでも飾ることができますし、箱に収めて額縁のように飾るアレンジもおすすめです。

どちらの場合も店の名前を付けたおしゃれなプレートを添えれば、

長くお店の中で楽しんでもらえるでしょう。

 

ちなみに火事を連想させるという意味から、開店祝いには赤い花は避けた方が無難です。

もし暖かい色味のものを求めるのであれば、オレンジや黄色などの柔らかい色にしましょう。

もしお店の雰囲気がわかるならば、それに合わせたアレンジにすればさらに喜ばれるでしょう。

プリザーブドフラワーはけっこう高価なものなので、あなたの心ともにしっかり相手に届くはずです。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL