開店祝いにもらった胡蝶蘭を咲かせたまま長持ちさせる育て方

開店祝いに贈られることが多いのが胡蝶蘭になり、

お祝いにふさわしい豪華な花です。

 

そこで、開店祝いにもらった胡蝶蘭を花を咲かせたまま長持ちさせるための育て方があります。

そしてこの花をうまく育てることで、祝ってくれた人をいつまでも思い出せることになります。

 

まず胡蝶蘭をもらった時には、豪華なラッピングがしてありますが、取り外す必要があります。

ラッピングを取り外す必要があるのは、包装されたことによって植木鉢の中が蒸れるためです。

そして蒸れることによって、根が腐ったり、カビが生える原因となるからです。

 

次にこの花は、あまり頻繁に水をあげる必要がない花の種類になります。

目安として10日前後に一回、鉢の表面が乾いているかどうかを確認して、根元に水をあげます。

その時の水の目安は、夏場であればコップに1杯になり、冬場であればコップに半分程度になります。

 

そして冬場に水をあげる時の注意点として、冷たすぎる水をあげてはいけません。

それは胡蝶蘭は温室栽培であり、暖かい地域で育つ花だからです。

また冬場は乾燥するため、霧吹きなどで葉や花に潤いを与える必要があります。

さらに鉢の受け皿に溜まった水は、すぐに捨てる必要があります。

つまりこの花の育て方として、あまり水が必要でないことが分かります。

 

最後にこの花の置き場所は、直接太陽が当たらない風通しの良いところに置きます。

ただし人工的な風が当たらない場所に置く必要もあります。

そしてなるべく温度差がないようにして、室温を15℃前後に保つ必要があります。

 

このようにして、開店祝いにもらった胡蝶蘭の花を咲かせたまま長持ちさせることができます。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL