開店祝いなどに送る招き猫

開店祝いで招き猫を送ることがよくあります。

店では左手を上げる招き猫が一般的には送られます。

 

右手あげる場合はお金を呼び、

左手をあげている場合は人を呼ぶと言われているからです。

中には、両手をあげていて、お金も人も呼ぶというものもあります。

ただ、人によっては万歳をしてもう手が出ないという状況に見えると言って嫌がる人もいます。

 

様々な色やデザインの猫があります。

キャラクターっぽいものもあります。

一方昔ながらの猫のデザインのものもあります。

それぞれに個性があります。

豪華なものですと、金色をしているものもよく置いてあります。

 

なぜ招き猫がこういった演技の良いものになったかといいますと、

以前は猫は害獣であるネズミを退治してくれるからという理由という説が最も有力です。

そのため、現在でも置物としておいている店も多いです。

 

右手を上げているものは基本的には接客業でないオフィスや民家に置かれることが多いです。

自分の家や会社などにお金が入ってくるのを願う時に置かれます。

一部のお守りの中には非常に小さな招き猫を入れてあるものもあります。

幸せになるお守りという意味合いがあります。

 

デザインですが、本当の猫に比べて頭が大きいです。

また目もかなり大きめです。

実際の猫に比べてかなりデフォルメされています。

多くはかわいく変更されています。

ただ、ものによっては怖さを前面に出したものも一部の店で売られています。

また、多くの招き猫は小判を持っています。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL