開店祝いなどに使用するのし袋

開店祝いの金品等を用意してるとき、

マナーとしてのしやご祝儀袋を使います。

 

正確に把握してる人は多くないので

ここで紹介をしていきます。

 

のし袋の表書きには

「祝御開店」「開店開業御祝」

「開店記念」「御祝儀」などと記載します。

 

お花を付けるとよりいいのですが、のしをつけるのが難しいので

メッセージカードに記載することをお勧めします。

 

「ご開店お祝いおめでとうございます」

「貴店のますますご繁盛をお祈り申し上げます」

など一言メッセージをプラスすることで温かいプレゼントとして喜ばれます。

 

開店当日とかはかなりの混乱が予想される為、

誰からいただいたお祝いか照合しやすくするために、

のしに贈り主の名前を書くことも当然ですが、

自分の名前も必ず記載し現金の場合は金額もかいておけば、

お祝い返しをする店側のほうもお礼が伝えやすくなります。

 

次に金額の相場に関して現金の場合、身内だと1万円から3万円・

友人知人には5千円から1万円・取引先には身内とほぼ同じぐらいの金額になっています。

 

品物のばあいも金額にしたらほぼ同じになります。

現金を入れるのし袋は紅白の蝶結びが原則で

水引などで使われているあわじ結びの袋も大丈夫です。

開店・開業のお祝いに関しては目上の人にも現金を包んでも失礼でないとされています。

品物は掛け時計・鏡などのインテリア用品や観葉植物・酒類を送るのが一般的です。

また灰皿・ライター・キャンドルなどの贈り物は火事を連想させるためタブーとされてます。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL