開店祝いとは 新しくお店を出店した個人や会社に渡すお金です

開店祝いとは、文字どおり

新しくお店を開店した時に

お祝いとして渡すお金のことです。

 

金額の中身はそのお店との付き合いにもよりますし、

そこの経営者との付き合いの深さにもよって違いがあります。

一般的に相場はいくらということはありませんが、

あまりにも低いお祝金というのはその後の付き合いを考えると

決して良いものではありません。

 

また 、個人で開店祝いを支払う場合は特に問題ありませんが、

会社として支払う場合にはいろいろと面倒があるものです。

例えば、取引先の飲食店を開店したというような場合です。

開店祝いを渡すことはもちろんなのですが、

それ以外にも実際に足を運んでお祝いをしなければいけないというような状況になります。

これが非常に面倒だと感じる人も多いことだと思いますが、

その取引先が大事であれば大事であるほど欠席はできません。

そのような場合に役立つ方法をご紹介します。

 

まずは自分がどうしても出席しなければならない場合です 。

この場合は会社の代表として出席するわけですから、きちんとした対応しなければなりません。

しかし、長い時間その場に居るのも窮屈だと考える方もいると思いますので、

出席する前に事前に何時までにお店を出るということを相手に知らせておくのです。

事前に伝えておくことで嫌な印象を与えることもありません。

また出席者が自分でなくても良い場合は、いけないことをお詫びする電話をした上で電報を添えると良いでしょう。

いずれにしても 大切な取引先であれば、きちんとした配慮することは何よりも必要です。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL