開店祝いで贈る酒ボトルをオーダーメイド

飲食店やショップの開店祝いには花が贈られることが多いですが、

実は日本酒やワインなども贈り物として人気があります。

数万円する高級シャンパンや、あまり製造されていない

めずらしい高価な日本酒なども良いですが、

オーダーメイドの酒ボトルだと店内の飾りにもなりますし、

世界に一つだけのボトルなので店員に喜ばれます。

 

オーダーメイド品を発注するとなるといくつかの方法が挙げられます。

一つ目はラベルに顔写真や店舗の名前

そしてメッセージや日付をプリントして貼り付けるものです。

いくつかの酒造やワイン販売店では既に貼られているラベルを綺麗に剥がして、

新しいラベルに貼り替えてくれるサービスを提供しています。

 

これはシールにプリントアウトするだけですのでそれほど時間がかかりませんし、

パソコンとプリンターがあれば自宅で製作も可能です。

 

二つ目はラベルを剥がしてボトル本体に彫刻を施す方法です。

サンドブラストと言いまして圧力をかけた砂をボトルに当てて少しずつ彫っていく技法です。

フィルムを貼ってから彫るので、文字やデザイン以外の部分は綺麗なまま残すことができます。

 

最近では顔写真などを彫刻したり、宝石のように輝くガラスビーズを貼り付けて豪華に見せることもあります。

こちらは一点物を手作業で製作しますので、ある程度日数を見ておいたほうが安心です。

もちろん中身のお酒を飲むことができますし、空になったボトルは

そのまま飾りとして末永く置いておくことが可能です。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL