開店祝いを何にしようかと考えた

長年の友人がお惣菜屋さんを開店しました。

チェーン店ではなく、完全に自立したお店でこれはおめでたいと思い開店祝いを送ることにしました。

 

その当時、仕事などで忙しく直接足を運ぶことができなかったので

とにかくお祝いだけはすぐに送りたいと思い考えました。

これまで開店祝いを送ったことがなかったので、何が喜ばれるのかまったくわかりませんでした。

 

そして同じ時期に違う知り合いが結婚したということで2つのお祝いを考えることになりました。

結婚の方も直接参加することができず、とにかくインターネットで

結婚したカップルに喜ばれるプレゼントを検索してみました。

するとランキング形式になっているものがあり、

なかなかよさそうだったのが定番ではありますがフォトフレームでした。

 

これでピンときて、それならば開店祝いでもいけると思い

早速時間を見つけてある雑貨屋さんに足を運びました。

 

そのお店は女性のお客さんがほとんど立ち寄るようなおしゃれなお店なので、

多少気後れしたのですが仕方ありません。

食器やタオルコーナーをそそくさと通り過ぎてフォトフレームコーナーを見つけていきました。

すると割といろいろなタイプが売られていました。

 

セールになっている商品もあったのですが、贈り物でセール品だからと買うわけにはいきません。

結婚祝いの方はすぐにいかにもという白い縁のものがあったので決めることができました。

そして開店祝いの方を選ぶのにずいぶんと時間がかかってしまいました。

 

割と広い雑貨屋さんだったので、ほかのコーナーにも

いいフォトフレームがさりげなく売られているかもしれないと思い、ぐるぐると一周したりしてしまいました。

どうやらフォトフレームはここだけだったらしく、その中でも種類がありますから正直悩みました。

ちょうどお店の外観と内装の写真をいくつか見ていて、

それに合う木の風合いのものがあったので最終的にそれを選びました。

開店時のお店の写真を是非入れて飾って欲しいなあと思いました。

 

それを包んでもらい、一筆箋でちょっとした開店祝いを書いて送ったところ、

思いのほか喜んでもらえました。

突然送ったような感じだったので、それもまたよかったのかもしれません。

 

考えてみると、結婚祝いでもいいですが開店祝いも写真を撮るでしょうから、かなりいい贈り物だなあと思いました。

そしてただ買って送ってもらうのではなく、

工夫してちょっとした手紙を添えることでより喜んでいもらえることを初めて知りました。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL