田舎の蕎麦屋さん

同僚社員の知人から、古民家を再生させて蕎麦屋をオープンさせるという情報をいただきました。

その知人を通じてお仕事も少しいただけたので、当然開店祝いをと考えていました。

 

奥様がガーデニングが趣味ということもあり、花や観葉植物が無難でいいかなと

開店の3日前くらいまでは思っていました。

開店の前日に納品のためにお伺いすると、すでに何点かの開店祝いの品が届いており、

送った方のお仕事柄もあるのか、案の定、大き目の胡蝶蘭や

その他のお花が早速届いており、店の中に飾ってらっしゃいました。

 

それを見たとき、個人的にはお店の雰囲気に合っていなくて違和感がありました。

そこで花は止めようと思いました。

何がいいかなぁと思いながら、ご主人と奥様と開店前の準備と

ご主人が修行していたときの話を聞いていたときに、開店祝いのヒントをいただきました。

 

それは、ご主人はお酒が好きということでした。

ビールも日本酒も、焼酎も好きということでした。

当然お店でもメニューに少しのお酒は出す予定になっていました。

その中で、修行中に、仕事終わりにお酒を飲むのですが、

焼酎を蕎麦湯で割って飲むと、めちゃくちゃ美味しいんですよと、教えていただきました。

 

「これはね、絶品ですよ」とおっしゃられた笑顔は、

ほんとに美味しくて、好きなんだと伝わってきました。

 

そこで、開店祝いは蕎麦焼酎にしようと決めました。

それでさっそく買いに行ったわけですが、町の酒屋で買うのもどうかと思い、

一応、デパートの酒売り場へ行きました。

そこにあった蕎麦焼酎は小さめの瓶に入ったものしかなく、全く心魅かれなかったのです。

 

もう1軒のデパートへ行くとそこにあったのは一升瓶の蕎麦焼酎がありました。

しかし1銘柄のみでした。

そこの店員さんに開店祝いであることと蕎麦屋さんであるということを伝えると、

これがいいと自信を持って薦められました。

 

非常にこだわった蕎麦焼酎で、値段はそれほど高くないのですが、

他の蕎麦焼酎とは明らかに味が違うとことをいろいろ教えていただいたので、

それを2本包んでいただき、開店祝いとしてお届けに行きました。

お二人ともに大変喜んで頂きました。

 

そのときにぽろっと本音が出たのが、有難いけど花とか植物は趣味があるから、

あんまり飾りたくないのよねと言われました。

そのとき、ちょっとほっとしました。

 

早速、美味しいお蕎麦をいただいて帰りましたが、

その後もお店繁盛しているようです。開店して1ヶ月程して様子を見に行った時に、

ご主人からあの蕎麦焼酎美味しいねと言っていただけました。

高かったやろ~と言われましたが、そこは一応濁して言いましたが、

とても喜んで頂けてよかったなと思いました。

思いつきで選んだのですが、あのときの店員さんにも感謝です。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL