セラミスを使って花を贈る

開店祝いに花を贈ることがよくあります。

私はセラミスという土を使って花を贈ります。

セラミスは鉢の穴が必要ない土の代用品なんです。

その土を使えば、穴のないガラスの器や瀬戸物、グラスでも花を植えることができます

ブリザートフラワーのようにそのままの姿でなく、花自体も大きくなります。

開店のときに花を寄せ植えして何年かたったとき株を分けてまた鉢が増えることになります。

 

セラミスを使えば水の嫌いところでも鉢が置けます。

また水なので汚れることはありません。

 

まず最初に容器を用意します。家庭にあるもので十分使えます。

小さ目の花ならばグラスでもよいです。

大きいものならばスイレンの鉢のような大きいものでも使えます。

浅い器でも、深い器でも、長い器でも植える植物の生育にあえば十分に使えます。

花を植える専用の鉢でなくて使えるのです。

 

次にセラミスに水を含ませて余分な水をこぼして花や観葉植物を植えます。

その際、根に以前の土が残らない方が育ちがよいです。

水が乾いたら水を足せばよいのです。手入れが簡単なのが一番なのです。

 

鉢のように下に皿を置くこともないので、玄関先でも机の上でもおけます。

鮮やかな花を植えることもできますし、観葉植物だけでも鉢がきれいな色ならば開店のお祝いになります。

アイビーなどは大きくなるので、大変重宝に植えられます。

 

開店のときに生花いただくと忙しさのあまり、枯れてしまったり、

蘭などは難しくて花が終わるとそのまま捨ててしまう方も多いのです。

切り花は季節によってはすぐに萎れてしまい、開店セールの間、持たないこともあります。

セラミスで立派な花じゃなくても、高価な花じゃなくてもよいのです。

お店の雰囲気にある花を寄せ植えしてそれが大きくなればお店の方にもずっと心に残るはずです。

 

開店祝いにさしあげた花が育てば、お店の記念にもなるはずです。

季節が変れば土はそのままで中の花の種類をかえても、季節感がでてよいと思います。

ウエルカムフラワーで置いておけば印象もよくなるはずです。

毎日毎日育つので楽しみもでてくるはずです。

専用の肥料もありますが、割と水だけでも大きくなります。

 

我が家で差し上げた方は大きくなりすぎて鉢が3個増えて慶ばれました。

育つ花って意外だと思いませんか?また長くお店にあるって嬉しくないですか?

お値段も安く、手に入りやすいので自分でアレンジしてプレゼントしてもよいと思います。

お店とともに成長する鉢・・・素敵ですよ。

開店祝いのお祝いに迷ったら、豪華な胡蝶蘭を

開店祝いに何か贈り物をとなると、真っ先にあげられるのが

豪華に飾られたお花ではないでしょうか。

中でも胡蝶蘭がその代表格とされています。

確かに、開店祝いだけでなく、お祝いの場にはよく、胡蝶蘭の鉢植えが飾られていますが、

いったいなぜこの花がおすすめといわれているのでしょうか。

開店祝いには豪華な胡蝶蘭を

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL